ローデシアン リッジバック


ローデシアン リッジバック
犬名: ローデシアン リッジバック
写真:世界のローデシアン リッジバック の写真
英語表記:Rhodesian Ridgeback
別名:アフリカン・ライオン・ドッグ
原産国:ローデシア(アフリカ)
AKC:ハウンドグループ
JKC:6G 嗅覚ハウンド
平均寿命(年):10〜12
サイズ:大型
オス高さ:(cm)63〜69
オス体重:(kg)平均 36.5
メス高さ:(cm)63〜69
メス体重:(kg)平均 32
色:明るい小麦色から赤みかかった小麦色。胸とつま先の小さな白は許されます。お腹とつま先より上の白は許されません。
【歴史】
ローデシアンリッジバッグは、元々南アフリカの原住民によって飼われていたリッジバック犬と16〜17世紀ボーア人の移住民によって輸入された嗅覚ハウンドとの交配によって作られました。また、一般的に受け入れられている説はファン・ロイヤンが1879年にチャールズ・ヘルム師によってつれてこられたメス2頭を使って、グレーハウンド、アイルランドテリア、エアデール、ブルドッグ、ポインタ等との交配で作られ、またその後の過程で、グレートデンやディアーハウンドも遺伝子プールに貢献しているようです。猟犬として、狩猟、レトリーバー、子供の世話、土地の警備などに使われていました。群れをなして使用するとライオンに対しても効果があることから「アフリカン・ライオン・ハウンド」という別名もあります。ローデシアンリッジバッグは厳しいアフリカの環境によく適合させられ非常に高い温度に耐えることができて、24時間以上食物と水をなしで済ませることができます。
【特徴】
一般外観:背中(back)の中央に独特な左右対称な隆線(ridge)をもつ大型で筋肉質の猟犬です。
目:丸く、明るく、きらめくような目で、知的な表情をしています。色は黒い鼻の犬は黒、茶色・レバー色の鼻の犬は、琥珀色の目をしています。
鼻:コート色により、ブラック、茶色、レバー色があります。
耳:中くらいの大きさでペンダント(垂れています)。どちらかというと少し高めにセットされていて、付け根で広く先細りで先端は丸くなっています。
頭・鼻口部:長く、頑丈です
歯:シザースバイトが好まれます。
尾:強く長く先細りで少し上向きにカーブしています。
コート(毛):ショート。密集していて艶があってすべすべした感じです。
デュークロウ(狼爪):削除されるかもしれません。
【性格】
知的で、荘厳で気質は平均しています。知らない人には慣れにくいかも知れません。素晴らしいコンパニオンドッグにするためには子犬のときからの徹底的な服従訓練、社交性の訓練などが必要です。
【その他】
トリミング:ほとんど必要ありません。
抜け毛:平均的
吠えること:平均的


| 犬の種類AtoZHOMEへ |ローデシアン リッジバック TOPへ |

【大型犬で検索】| 【中型犬で検索】| 【小型犬で検索】