Sponsored Link


グレートピレニーズ

犬名

グレートピレニーズ(グレート・ピレニーズ)

画像

世界のグレート・ピレニーズの画像

英語表記

Great Pyrenees

原産国

フランス/スペイン

AKCグループ

ワーキンググループ

JKCグループ

2G 使役犬

平均寿命(年)

10〜12

サイズ

超大型

オス高さ(cm)

69〜81

オス体重(kg)

45〜

メス高さ(cm)

69〜81

メス体重(kg)

37〜

ほとんど白ですが部分的に(耳、頭、尾など)黄色、黄色と灰色のコンビネーション、赤褐色の部分があるかもしれません。体の1/3以上のマーキングはいけません

歴史

グレートピレニーズは、非常に古い種類であり、1万〜1万1000年前に小アジアに由来した白い大きな犬が紀元前3000年頃に彼らの羊飼いと羊と共に南フランスと北スペインの ピレネー山脈に到着したといわれています。そこに住むバスク人によって羊や鳥などの家畜を守るために1000年間ほど使用されました。1675年に、グレートピレニーズはフランスのロイヤルドッグとなりました。1850年にはビクトリア女王も飼っていましたが19世紀の終わりまでには、種類は衰退に入りました。 第1次世界大戦と第2次世界大戦のあとグレートピレニーズは非常に生存を危惧されましたが献身的なブリーダーにより復活しました。1933年AKCに承認されています。

アーモンド形で色はこげ茶。知的で、荘厳な表情をしています。

ミディアムサイズで垂れています。

シザースバイトですがレベルバイトも許可されています。

かかとにかかるほどの長さで豊かな飾毛があります。先端で少しカーブしています。

コート(毛)

ミディアムロングで分厚いダブルコート。

デュークロウ

取り除くべきではありません。

性格

勇敢で、穏やかで子供や他の若い生物に優しくて、許容性があります。 気後れ、シャイ、攻撃性はこの犬種には許されません。

トリミング

ブラッシングは必要で、グルーミングには少し技術が必要です。

抜け毛

季節により(換毛期)には激しい抜け毛があります。

吠えること

あまり吠えません

その他

上唇が垂れているためよだれが出ます。 1662年に、バスク人漁師は安住の地を求めてニューファンドランドに移住しそのときグレートピレニーズも連れて行かれました。そこでイギリスの移民が飼っていたブラックカーリーコーテッドリトリーバーと交配されてニューファンドランド犬ができたといわれています。1870年に、グレートピレニーズは他の大きい犬種とともにセントバーナードの復活に使われたといわれています。その他にもヨーロッパの白い大型犬クヴァーズやアナトリアンシェパードにも関係しているようです。家族が受け入れる見知らぬ人は受け入れますが、家族が家にないとき家に入る見知らぬ人を許容しないという特別な能力があります。

Sponsored Link

ページのトップへ戻る
自己処理よりもエステで脱毛