レオンベルガー

レオンベルガー
犬名: レオンベルガー
写真:レオンベルガーの写真
英語表記:Leonberger
別名:レオン
原産国:ドイツ
AKC:ミサレイニアス(その他・種々雑多)グループ
JKC:2G 使役犬
平均寿命(年):10年以下
サイズ:超大型
オス高さ:(cm)71〜80
オス体重:(kg)45〜77
メス高さ:(cm)71〜80
メス体重:(kg)36〜59
色:金色から赤褐色、黄褐色(ライオンイエロー)、又はこれらが混じった色。顔は黒。体に毛先が黒のコートがあるかもしれませんが、体の黒は基本の色として限定されていません。 胸の小さい白と足先の少しの白は受入れられます。
【歴史】
レオンベルガーは1846年にドイツのHeinrich Essig氏が、ライオンに類似している種類を作成するのを試みてニューファンドランド(Landseerタイプ)と、セントバーナード、ピレニアンマウンテンドッグ の交配から作られたといわれています。しかし現在の茶色のコートで黒い顔をした レオンベルガーは後にさらに他の犬種との交配により作られたようですが、はっきり犬種はわかっていません。Heinrich Essig氏はその犬を有名にさせるために国王や、有名人に寄付しました。19世紀に多くのレオンベルガーがロシアにも輸出されました。西ドイツと他の欧州諸国で主に家畜の保護、荷物を引くのに使用されました。そして2つの世界大戦で飼い主達は この巨大な犬に餌を与えることが難しくなり、絶滅寸前まで頭数が減りました。1945年に、数人のドイツ人が、第二次世界大戦後に残ったわずかなレオンベルガーを集めて、種類を回復させました。多能な犬種で捜索、救出、そして水災害救助犬としての素晴らしい才能もあります。また、暖かくて、優しい性格のためすばらしいペットになっています。
【特徴】
一般外観:横から見るとバランスのとれた長方形の体格。超大型で筋肉質で、首周りにライオンのようなたてがみのある上品な犬種。
目:茶色(焦げ茶のほうが好まれます)。中くらいの大きさで、アーモンド形。優しい表情をしています。
鼻:黒で大きい
耳:中くらいの大きさで、三角形で垂れています。
頭・鼻口部:どちらかというと長く、がっしりとしています。頭と鼻口部の長さはほぼ同じです。唇が垂れてないのでよだれは垂らしません。
歯:シザースバイト。上の歯は20本、下の歯は22本。
尾:かかとにつくくらいか、それより少し長めで、真直ぐに垂れています。尾が上がる場合も背中より上には上がりません。尾の先が少しカーブして背中より少し高くなることはあります)
コート(毛):ダブルコート。アウターコートは中くらいの長と中くらいの柔らかさで、体に横たわっていて直毛か少しウェーブがかかっています。防水性があります。頭と、肢の前部のコートはショートです。首の周りにライオンのようなたてがみがあり(暑い季節や暖かい地域ではない場合もあります)、このたてがみを形成するには数年かかります。
デュークロウ(狼爪):一般的には削除しません
【性格】
子供に非常に情愛深く、安定していて穏やかです。知的で、勇敢で、我慢強くトレーニングしやすいです。 人や他の犬に向かっての攻撃性はありません。(子犬の頃に間違ったしつけをした場合この限りではありません)
【その他】
トリミング:ブラッシング以外あまり必要ありません。
抜け毛:換毛期には激しい抜け毛があります。アンダーコートが多いので毎日〜週1のブラッシングが必要です。アンダーコートがマット(からんだりフエルト状に)ならないよう気をつけましょう。
吠えること:ほとんど吠えません。
目や耳などの説明で「中くらい」とは、犬の体に対するバランス的なことです。

| 犬の種類AtoZHOMEへ |レオンベルガーTOPへ |