Sponsored Link


キースホンド

犬名

キースホンド

画像

世界のキースホンドの画像

英語表記

Keeshond

原産国

オランダ、ドイツ

AKCグループ

ノンスポーティンググループ

JKCグループ

5G 原始的な犬・スピッツ

平均寿命(年)

12〜15

サイズ

中型

高さ(cm)

45cm±2.5cm

体重(kg)

16〜18

アンダーコートはクリーム色でアウターコートは付け根から先端へグレーから黒に変わっていきます(ブラックティップ)

歴史

キースホンドは、外見上はフィンニッシュスピッツ、ノルウェーのエルクハウンド、チャウ・チャウ、サモイド、シベリアンハスキーなどのスピッツ系列におかれますが、起源はよく知れていません。18世紀にオランダの川で船の見張り番として、また愛玩犬として飼われていました。19世紀後半にとても人気がありましたが、オランダの政治動乱の結果絶滅の危機に瀕しました。オランダの愛国者派閥のリーダーであった コルネリス(Kees de Gyselaer)はウルフスピッツを飼ってていてその犬は反逆者のシンボルになりました。1920年代に、イギリスのケネルクラブにオランダのBarge Dogとして登録されたときからKeeshondの復活は始まりました。1926年にアメリカに輸入され、公式にKees de GyselaerにちなんでKeeshondとして名づけられ1930年にアメリカンケネルクラブによって承認されました。

アーモンド形で色は濃い茶色。大きさは中くらい。

三角形でピンと立っています。

シザースバイト

豊かな飾毛があり背中で丸まっています。

コート(毛)

粗いアウターコートと豊富でふわふわしたアンダーコートのダブルコート。

色は黒

性格

活気があって、知的で非常に注意深く、外交的で人に好意的です。

トリミング

定期的なブラッシングは必要です。

抜け毛

季節により激しい抜け毛があります

吠えること

好きです。

その他

長い間愛玩犬として育てられているため飼いやすい犬種です。日本ではキースホンドと呼ばれていますが適切な発音は、「kayz-hond」 ケイズホンドと聞こえます。

Sponsored Link

ページのトップへ戻る
自己処理よりもエステで脱毛