ビション・フリーゼ


ビション・フリーゼ
犬名: ビション・フリーゼ
写真:世界のビション・フリーゼの写真
英語表記:Bichon Frise
原産国:スペイン・ベルギー/ フランス
AKC:ノンスポーティンググループ
JKC:9G 愛玩犬
平均寿命(年):15〜
サイズ:小型
オス高さ:(cm)23〜30
オス体重:(kg)4.5〜8.1
色:純白ですが、耳の周り、ボディーに淡黄色、クリームまたはアプリコットがあるかもしれません。
【歴史】
ビション・フリーゼはスペインの船員が物々交換のためにいろんな国に持ち歩き、地中海のTeneriffeのカナリア諸島に紹介したとされています。1300年代に入ると,この犬を見つけたイタリアの船員が持ち帰り、イタリアの貴族の間で人気になりました。フランスでは1500年代前半のフランシス一世の頃にいたとされ、後半のヘンリー3世の頃に人気が出たようです。1800年代後半になると人気もうすれ、普通の犬になって、サーカスなどで使われていたようです。1933年までこの犬種はTeneriffeとBichonの2つの名で知られていましたが、ビション・フリーゼに統一されました。フリーゼとは犬の「柔らかいカールしたコート」という意味です。AKCには1971年に初登録されました。
【特徴】
一般外観:純白の小型犬でふんわり大きくトリミングした頭部と、背中で丸まった尾が特徴的なバランスの取れた体型をしています。
目:丸く、色は黒か焦げ茶。好奇心の強い表情をしています。アーモンド形、大きすぎる目、ふくらんでいる目は欠点です
鼻:
耳:垂れていて長い髪の毛で覆われています。長さ(毛は含みません)は前方に伸ばすとマズルの中ほどに届きます。
頭・鼻口部:頭はふんわりしたカットをし、マズルは中くらいの長さです。
歯:シザースバイト
尾:背中で丸まっています
コート(毛):ダブルコート。アウターコートは緩く縮れている感じで、アンダーコートは柔らかで密集しています。柔らかく、すべすべとしたコート、体に横たわるコートは欠点です。
デュークロウ(狼爪):削除されます。
【性格】
チャーミングで、活気があって、愉快で、大胆さもあり、優しく、荘厳で、知的です。遊び好きで愛情深いです。
【その他】
トリミング:毎日のブラッシングはしたほうがいいです。トリミングには専門的な知識が必要です。
抜け毛:少ないです。
吠えること:あまり吠えません。


| 犬の種類AtoZHOMEへ |ビション・フリーゼTOPへ |

【大型犬で検索】| 【中型犬で検索】| 【小型犬で検索】