SponsoredLink
SponsoredLink

ベルジアンシープドッグ(グローネンダール)

ベルジアンシープドッグ
  • 犬名: ベルジアンシープドッグ
  • 世界のベルジアンシープドッグの写真
  • 英語表記:Belgian Sheepdog
  • 別名・ニックネーム:グローネンダール/ベルジアン・シェパード・ドッグ(JKC)
  • 原産国:ベルギー
  • AKC: ハーディンググループ
  • JKC: 1G 牧羊犬・牧畜犬
  • 平均寿命:10〜12年
  • サイズ: 大型
  • オス 高さ: 61〜66(cm)
  • オス 体重: 25〜29.5(kg)
  • メス 高さ: 55〜61(cm)
  • メス 体重: 20〜22(kg)
  • 色: 黒。胸、脚のパッドの間、など限られた場所のほんの少しの白は許されます。

【歴史】
ベルギーでは、19世紀の終わり頃、ベルジアン・シェパード・ドッグと呼ばれ、グローネンダール、タービュレン、マリノア、ラケノアという4種類の異なる牧羊犬がいました。農家の番犬、、ハーディング(羊を集める)の才能も優れていました。1891年ベルジアン・シェパード・ドッグ・クラブが設立され1892年、Adolphe Reul博士により繁殖のプ ログラムが開始され最初 の詳しいブリード・スタンダードが作成されました。1901年にベルジアン・シェパードはベルギーKCのスタッド・ブックに登録を許可されました。そしてグローネンダール、タービュレン、マリノアの3種類に分かれました。グローネンダールはその高い知性と簡単な訓練能力で、さまざまな能力を発揮することができ、 パリ警察、ニューヨーク警察では警察犬として長い間使われていました。第二次世界大戦では、軍事施設を警備するのに利用されました。現在では障害者や病気、年配の人々に対する療法や援助、家族犬、ドラッグ・爆弾・ガス検出、捜索、救出、追跡、等に使われている多能な犬種です。

【特徴】

  1. 目:少しアーモンド形で中くらいのサイズ。色は茶色かこげ茶。
  2. 鼻:黒
  3. 耳:三角形で、ピンと立っています。耳の付け根は、目のセンターラインより下にあってはいけません。
  4. 鼻口部:程よく尖っています。頭とほぼ同じほどの長さ。顎は強い。
  5. 歯:シザースバイトかレベルバイト
  6. 尾:尾の付け根は太く、かかとに付くほどの長さ。普段は低く垂れていますが、動くときは上がり少しカーブがかかるかもしれません。
  7. コート(毛):ダブルコート。アウターコートはロングで、直毛で豊富です。特に首周り、お尻の周り、は長くて豊富です。アンダーコートは飼う場所の気温にもよりますが密集しています。頭、耳の外側、脚の下部のコートはショート。
  8. デュークロウ(狼爪):削除されます。

【性格】
知性が高く、勇気があり、観察力が鋭くて、見知らぬ人に用心深いところもあります。小さいときからの適切な社交的なレーニングをしないと人に対して恐怖心や内気さを示したり、他の犬に攻撃的になるかも知れません。訓練されれば賢く、慈愛深くて、好意的で服従性があり、素晴らしい家族犬にもなります。

【その他】

  • トリミング: 定期的なブラッシングが必要です。後ろ脚の長くて豊富なコートはトリミングが必要かもしれません。
  • 抜け毛:換毛期には激しい抜け毛があります。
  • 吠えること:平均的
  • AKCではベルジアンシープドッグはグローネンダールだけでタービュレンとマリノアはおのおの独立した犬種になっています。ラケノアだけは認められていません。JKCでは4種類を「ベルジアン・シェパード・ドッグ」として同犬種として扱っており、カナダ、アフリカ、イギリス等も同様です。オーストラリア、ニュージーランドでは4種類、独立した犬種分けをしています。

| 犬の種類AtoZHOMEへ他の大型犬を検索ベルジアンシープドッグTOPへ