Sponsored Link


アメリカンスタッフォードシャーテリア

犬名

アメリカンスタッフォードシャーテリア(アメリカン・スタッフォードシャー・テリア)

画像

世界のアメリカンスタッフォードシャーテリアの画像

英語表記

American Staffrodshire Terrier

原産国

アメリカ

AKCグループ

テリア

JKCグループ

3G テリア

平均寿命(年)

10〜12

サイズ

中型

オス高さ(cm)

46〜48

オス体重(kg)

28〜40

メス高さ(cm)

43〜46

メス体重(kg)

28〜40

すべての色、タン・アンド・ホワイト、ブルー、ブラック、ブリンドル、ブラック・アンド・ホワイトなど認められますがオールホワイト、80%以上ホワイト、ブラックアンドタン、レバーは好ましくありません。

歴史

1870年代にイギリスからアメリカに持ち込まれたスタッフォードシャー・ブル・テリアをアメリカン・ブルドッグやマスティフ種の犬と交配させて出来た犬種です。本来は闘犬として飼われていましたが闘犬が禁止されたあとは2つに別れ1つはペットやショードッグとして改良されていったアメリカン・スタッフォードシャー・テリア。もう1つは今もまだ闘犬として使われているアメリカン・ピット・ブル・テリアです。1936年にスタッフォードシャーテリアとして登録されました。AKC2015年のデータでは登録犬数は82番目です。

黒で丸い。ピンクのまぶたはNGです。

断耳されるかそのままの2とおり。断耳されない場合は短くローズイヤー( 耳の内側のひだを外側に向けるようにして倒れている耳)かハーフプリックイヤー(耳の先だけが前方に垂れている)

シザースバイト。レベルバイトも許されます。

先細り。垂れている時はかかとまでくらいの長さです。尾を上げても背中より高くはなりません。カールはしていません断尾もされません。

コート(毛)

短く硬い手触りで光沢があります。

性格

熱心で冷静。決して消極的だったり神経質、内気であってはいけません。

トリミング

ブラッシング以外ほとんど必要ありません。

抜け毛

平均的

吠えること

平均的

その他

アメリカン・スタッフォードシャー・テリアは見た目で怖そうな気がしますが既に闘犬ではなくAKCでも子供や他のペットともフレンドリーと言っています。しかし、子犬の頃からの躾はしたほうがいいと思います。噛んだり地面を掘るのが好きです。

Sponsored Link

ページのトップへ戻る
自己処理よりもエステで脱毛